本文へスキップ


宇佐八幡神宮(分社)

  
     

 
 当院の宇佐八幡神宮は、全国の八幡神社の総本宮である、大分県宇佐八幡神宮の
 「分社」の格式をもってお祀りされております。
 社殿は平成10年12月19日に宇佐神宮より特別に許可を得て造られたもので、独特
 の八幡造りとなっています。
 「お寺に神社?」と思われる方も多いかと思いますが、『神仏一体』理念の下、当
 院に御縁をいただきました。


 手水舎

     
 

 蔵王殿前にある建物。神仏にお参りいただくにあたり、最初に左手、次に右手、最
 後に口をすすぐという作法をもって身を清めるための場です。八大龍王の口から清
 めの水が出ております。

 
 鐘楼

  

 ひとたび打てば、その響きはあらゆる煩悩(魔)から私たちを守護し、御仏の知恵と
 慈悲を与えてくれるといわれております。
 総木曾檜造りで平成12年に建立されました。梵鐘は高さ2.1メートル、重さ約800
 キロ。
 参拝後に撞くのは、「出鐘」といわれ、福がにげるとされ縁起が悪いとされますの
 で、お堂の参拝前にお撞きくださいませ。

                              
 石灯籠

     
                   
 本来参道を照らす灯明ですが、功徳主はもとよりこの世・あの世の魂までも「道
 に迷わず、正しい道へ進むための足元を照らす灯りとなりますように。そして、暗
 闇の中でも希望の光を照らし続けますように。」という願いを込めて建立されてお
 ります。


               
    

スタッフ写真

宗教法人 国際平和寺院 
蓮臺山 龍玄院 龍玄精舎


〒739-0022
広島県東広島市西条町上三永
643-3
TEL.082-426-1391
FAX.082-426-1392

開門時間
 9:00〜17:00
納経所
 9:00〜17:00


→アクセス